商品・サービスのご案内

財形預金

財形制度とは…勤労者財産形成促進制度

財形制度とは、勤労者の計画的な財産形成を促進することにより、勤労者の生活の安定を図り、国民経済の健全な発展に寄与することを目的として制定されたものです。この目的のために国、事業主、勤労者、金融機関が一体となって援助、協力し、働く人びとのため財産づくりをする制度です。

財形預金には3つの種類があります

財形年金預金

財形年金預金は、勤労者が退職後老後のゆとりのある生活を実現するための私的年金プランです。満60歳以降、ご指定日から3ヵ月ごとに5年以上20年以内の期間お受け取りになれます。(ご指定口座へお振込みいたします。)
また、非課税の特典は、退職後も年金受け取り終了まで継続されます。

財形住宅預金

マイホームの取得または増改築を目的とした資金づくりにピッタリの預金です。なお、払い出しは住宅取得のための頭金および住宅の増改築(工事費用が100万円を超えるもの)等の支払に充てることとされています。

一般財形預金

マイカー資金、マイホーム資金、結婚資金、旅行資金など、お使いみちが自由な天引き預金です。1年の据え置き期間が経過すれば、1ヵ月以上前までのご通知により何回でもおいくらでも(1万円以上)でもご預金のお引き出しができます。

勤労者の方なら誰でも加入できます

財形のメリット

  • 毎月の給料やボーナスからの天引きですから、手数がかからず確実に財産づくりができます。
  • 財形年金預金と財形住宅預金の元本合計が550万円まで非課税です。
  • そのほかにもさまざまなメリットがあります。詳しくは窓口にお問い合わせください。

財形年金・財形住宅・一般財形の内容のポイント

  財形年金 財形住宅 一般財形
加入資格(年齢制限) 年齢55未満の勤労者(預入は55歳以降も可) 年齢制限はありません
契約期限 勤労者1人につき1契約に限ります。 おひとりで複数契約ができます。
預入方法 事業主による給与天引き、代行預入。
積立期間 5年以上の期間(年1回以上)定期的にお積み立て。 3年以上の期間(年1回以上)定期的にお積み立て。
利子の優遇 金融情勢により「期日指定定期預金」に優遇金利が適用されます。
据置期間 6ヵ月以上5年以内
支払開始時期 60歳の誕生日以後の日 マイホーム取得、住宅増改築のとき。
積み立ての目的 年金として受け取る。 マイホーム取得、住宅増改築。 自由
中途払出 年金以外払い出し不可。 マイホーム取得、住宅増改築以外の払い出し不可。 自由
ただし、1年間は払い出し不可。
税制面 財形年金と財形住宅の元本合計550万円まで非課税。 利子課税源泉徴収
解約・要件外払出しの場合の利子課税の追徴 やむを得ない場合は解約・要件外払出しは可能ですが、払出日前5年以内に支払われた利子に追徴課税されます。なお、払出日以後に支払われる利子には利子課税源泉徴収。

※詳しくは店頭に「商品説明書」をご用意しています。