ながしん地域密着型金融推進計画

〈ながしん〉の地域密着型金融の取組状況について (平成19年4月~20年3月)

〈ながしん〉の地域密着型金融の取組状況について
(平成19年4月~20年3月)
 
○取組状況
 〈ながしん〉は、地域金融の担い手として、円滑なる金融を通じて、地域と地域の人々の繁栄に寄与するとした基本理念・経営理念における根幹の事業活動に「地域密着型金融」を掲げています。
 
 平成19年度の「地域密着型金融」の推進については、当年度の重点課題として掲げた (1)課題解決型金融の強化 (2)収益力の強化 (3)経営管理体制の充実 に鋭意取り組み、引き続きお客さまの視点に立ち、利便性の向上を図るとともに、尚一層の法令等遵守とお客さま保護に関する取組み強化等、地域金融機関として更なる機能強化に努めてまいりました。
 
 特に「地域密着型金融」推進の本質に関わる
 
  1. ライフサイクルに応じた取引先企業の支援の一層の強化
  2. 事業価値を見極める融資をはじめ中小企業に適した資金供給手法の徹底
  3. 地域の情報集積を活用した持続可能な地域経済への貢献
の三つの分野の取組みについては、「ながしん地域密着型金融推進計画(平成19年4月~21年3月) 」の実現を目指し、PDCA(計画-実行-評価-改善)による進捗管理のもと、計画の着実な進展により「お取引先・地域・ながしん」が一体感のもてるビジネスモデルを構築し、持続的発展が可能な地域社会づくりの実現に貢献できるよう努力していきたいと考えています。(平成19年度の主な取組みをご覧ください。)
 
 なお、取組状況の詳細については、別表に掲載していますのでご覧ください。